ABOUT

~ARCHIVE EVENT~

▫︎2020.11.28 vol.01 (#JYYCIO)
RESULT / SPONSORS / JUDGE

 

▫︎2021.5.21-22 vol.02 (#JYYCIO)
RESULT / SPONSORS / JUDGE

 

 

■オンライン
▫︎ 名称 : AXEL YO-YO CUP -International Online-
▫︎ ハッシュタグ : #AXELYC
▫︎ 配信開催日 : 2021年11月13日(土)
▫︎ コンテンツ : カップ、ゲストデモンストレーション、DJ/Live、コマーシャル放送、スポンサーステージ 等
▫︎ 選手エントリー : 無料 (会員制 : 会員費 ¥3,500- ※#AXELYC 2021のみ) ※7コース
▫︎ 閲覧チケット : 無料 (YouTubeライブストリーム)

 

■オフライン
▫︎ 名称 : AXEL YO-YO CUP-International Offline-
▫︎ ハッシュタグ : #AXELYC
▫︎ 配信開催日 : 2021年12月11日(土)
▫︎ 会場 : 日本 東京 “BE AT STUDIO HARAJUKU (ラフォーレ原宿 6F)”
▫︎ LIVE GUEST : GOMESS & Yackle / KAJI (from SARUKANI)
▫︎POP UP : dinoworks / Eat in chips
▫︎ コンテンツ : カップ、ゲストデモンストレーション、DJ/Live、スポンサーステージ 等
▫︎ 選手エントリー : 無料 (会員制 : オフラインイベント ※JYYCIO 2020,2021 & AXELYC ONLINEにて1A : 上位20名、その他の部門 : 上位10名の選手、スポンサーシード選手、イベント招待選手がエントリー可能)
▫︎ 閲覧チケット : 一般 ¥2,000- / 中学生以下 ¥1,000- / VIP ¥7,000- / VIP (Chain Reaction & Turning Point コラボ) ¥17,000- (https://t.livepocket.jp/e/axelyc)

 

 

 

▫︎注意事項
下記のルールを守れない方は入場不可、または退場となる場合が御座います。

 

-全てのご来場者さまへ
・ヨーヨーのイベントという特性上、ヨーヨーが飛んで来る・プレイ中のヨーヨーに当たって怪我をするなどの可能性がありますので十分ご注意ください。
・プレイされる方も、周りの人や物に十分注意して練習スペース以外でイヤホン等を使用しての練習や、会場外でのプレイはお控え下さい。
・物品の紛失・盗難、器物破損、怪我や事故などがおこった場合、AXELYCおよび施設側は、一切の責任を負いかねます。
・入場の際は、選手/AXELYC 2021会員 : 会員番号/お名前・ご来場の皆様 : チケットを受付にてご提示下さい。
・再入場の際にリストバンド/選手パスの確認をさせて頂きます。
・いかなる場合もチケットの払い戻し、再発行は行いません。
・VIP席はVIPチケットをご購入の方のみご使用頂けます。違反行為を発見次第、注意をさせて頂きます。

 

-お子さまのご来場について
・中学生以下のみでの入場、参加には保護者様の承諾が必要となります。受付で中学生以下のみの参加承諾書をご提出ください。->参加承諾書を印刷

 

-場内撮影について
・演技中のフラッシュ、ストロボを使用した写真撮影はご遠慮下さい。違反行為をスタッフが発見した場合は、その場でデータを破棄させていただき、お客さまご退場時までカメラ・携帯電話などをお預かりいたします。(公式カメラは除く)
・場内での撮影は可能ですが、選手の演技やデモンストレーションを30秒以上でSNSにアップロードをする事を禁止致します。また、撮影禁止コンテンツは会場でアナウンスさせて頂きますので、そちらに従って下さい。

 

-競技に参加される選手の皆様へ
ルールをご熟読された上でご参加下さいませ。

 

-新型コロナウイルス感染拡大防止の施策
・最大150名を目安に、入場人数を制限する場合が御座います。
・体温37.5c以上の場合は入場不可となります。(自宅で体温を計測した上でのご来場を推奨致します。)
・受付にて、検温/消毒をお願い致します。
・必ずマスクのご着用をお願い致します。

 

-その他注意事項
・携帯電話は、会場内ではマナーモードに設定をお願いいたします。
・会場内のゴミ減量・分別にご協力をお願いいたします。
・入場料、会員登録費は如何なる場合もご返却いたしかねます。
・貴重品・お荷物などは各自で管理するかクロークをご使用下さいませ。
・BE AT TOKYO HARAJUKU以外のラフォーレ原宿施設内でのヨーヨープレイは原則として禁止いたします。
・会場内での盗難、物損、ケガ等のトラブルに関しまして、当方では責任を負いかねます。
・破損時には弁償をお願いしておりますこと。
・罵声を浴びせる、危険な行為を行うなどした場合には、失格、退場にさせていただくことがあります。
・イベントの演出上、場内が大変暗くなってしまうことがございます。貴重品の管理、怪我や事故等が無いようご注意お願いします。また、保護者さまはお子さまから目を離さぬよう、ご注意お願いいたします。

 

 

■会員特典
1. 会員番号の発行
2. 2021/11/13 開催AXEL YO-YO CUP -ONLINE- への出場資格
3. 2021/12/11 開催AXEL YO-YO CUP -OFFLINE- への出場資格 ※JYYCIO 2020,2021 & AXELYC ONLINEにて1A : 上位20名、その他の部門 : 上位10名のプレイヤーのみ
4. 2021/12/11 開催AXEL YO-YO CUP -OFFLINE- の入場が無料に
⚠︎定員に達し次第受付を終了させて頂きます。

 

 

 

〜AXEL YO-YO CUP から〜

ヨーヨーの競技会に新しい方向性を確立し可能性を広げていく為、2020年に日本で開催されるヨーヨーカップとして”AXEL YO-YO CUP (ex. JAPAN YO-YO CUP)”を設立。
世界中のプレイヤーが参加できるオンライン/リアルカップ等、様々なイベントを開催致します。
“カップ”という名称を使用する意図は、現在日本で行われている”コンテスト”とはまた違うテイストの競技会を作るという考えからになります。
現在日本でクオリティを保ったヨーヨー競技会がとても少ない状態から、クオリティの高さは勿論、多様なプレイヤー目線で競技ルールを考案しより優れた競技会の提供、音楽項目点のジャッジに音楽専門家の起用、オンライン方式の起用により国際オープンカップを身近に体験できる場を提供、コロナ禍後のオンラインカップ優勝者には国内外関係なくリアルカップに招待選手としてシード権と渡航費の授与(予定)を取り入れ、ヨーヨーコミュニティの活性化やイメージの向上を目指しております。
また、認識度向上のためイベント名称に”CUP”を取り入れていますが、カップだけではなくショーケースやバトル、アーティストによるライブやDJでヨーヨーの競技会には必要不可欠の音楽選択肢を広げたり出場者だけでなく多国からの視聴者の方々にも楽しんで頂けるコンテンツを組み込みます。
本カップは、1A(シングルハンドストリング)、2A(ダブルハンドルーピング)、3A(ダブルハンドストリング)、4A(オフストリング)、5A(カウンターウェイト)の5部門を2分間のフリースタイル形式(オンラインは1分)で、アマチュア部門とオーバー30部門を1分間のフリースタイル形式で開催致します。
ジャッジには毎年ヨーヨー世界大会では必ず優勝者を出している日本の優れたヨーヨープレイヤー、ヨーヨーを知る音楽家を起用し、3つの項目による厳正な審査を行います。
我々は、本カップがこれからのヨーヨーコミュニティを担っていくプレイヤーの素晴らしい可能性を開花させるサポートになり、コミュニティを底上げしていけるようなイベントになるよう最善を尽くします。

 

 

【オーガナイザー】
▫︎Yuuki Yamaguchi / Yackle

こんにちは。 この度、#AXELYC の代表を務めさせて頂きます山口です。 現在、ヨーヨープレイヤーに加えて、音楽家、DJ、イベントオーガナイザーとしてもYackle名義にて活動させて頂いております。 私は、10歳の頃にハイパーヨーヨーと出会い、その後競技の大会にも出場し始めました。 ヨーヨーをするモチベーションの源には、大会やイベント大きく関わっていたので、一昨年から音楽だけではなくヨーヨーを取り入れたイベントの主催もしておりました。 新たな形式/コンテンツでイベント”AXELYC”を企画し、 アマチュアからプロまでより沢山のプレイヤーの方に楽しんで頂き、またヨーヨーで新たなマネタイズ方法を構築し、ブランド様は勿論、プレイヤーにも還元できる形を取り入れて、ヨーヨーコミュニティをさらに盛り上げていけたらと考えております。 また、ヨーヨーのフリースタイル大会には音楽が必要不可欠で、私はヨーヨーがきっかけで今の音楽人生があるので、新たに音楽を突出して採点する項目も設けさせて頂きました。 そして、国際オープン大会ですので、ヨーヨーを通して他国のプレイヤーと国籍関係なくコミュニケーションを取れる素晴らしさを、 より身近なものにしていきたいです。 初回開催が2020年に無事成功を収め、名称変更後も問題点を改善しながら 一定のペースで本イベントや様々な企画を継続的に開催し、 安定したヨーヨーイベントとして定着出来るよう最善を尽くしますので、是非お力添え頂けますと幸いです。

 

 

【サポートメンバー (A to Z)】
SUPPORT MEMBER とは
主催とは別枠の外部からのサポーター。
一般オーディエンスやイベント関係者(ジャッジ等)の意見も勿論取り入れますが、SUPPORT MEMBERからの意見はより積極的に検討し取り入れます。
また主催からの相談等もSUPPORT MEMBERを含めディスカッションを行い、ヨーヨー業界の底上げ/より良いイベント制作に取り組みます。

 

▫︎Hajime Miura

東京都出身、17歳のヨーヨーコンテスタント。 2010年にヨーヨーを始め、現在は3A部門と4A部門において競技会に参加。 7度の世界大会優勝タイトルを持つ。史上初の世界大会2部門同時優勝。

 

 

▫︎Shu Takada

小学1年生からヨーヨーをはじめ、高校1年生の時に出場したヨーヨー世界大会で初の世界タイトルを獲得。 ダンスやアクロバットが融合した唯一無二のスタイルは必見。 日本を拠点に世界中のメディアやイベントでパフォーマンスをするほか、オリジナルモデルのヨーヨーのプロデュースや児童施設での教室開催・講演など、幅広く活動している。

 

 

 

▫︎Takeshi Matsuura

日本のヨーヨーブランド”ターニングポイント”所属のヨーヨーコンテスタント。 “MAVETRICK”、ショーケースイベント”Chain Reaction”主宰。 世界チャンピオンとして数々のタイトルを得た後、
業界を変えるために様々なアクションを仕掛ける レジェンドプレイヤー。

 

▫︎Takumi Hakamata

“Yoyorecreation”所属。 浜松市で活動するヨーヨープレイヤー。 ハイリスクなトリックを次々に行うフリースタイルで、 様々なプレイヤーから注目を浴びる。 ヨーヨーのパーツブランド”hkmt equepment”のオーナーでもあり、 クオリティの高い製品を世界に提供している。

 

 

▫︎Yuki Nishisako

1998年兵庫県生まれのヨーヨーコンテスタント。 小学6年生の頃からヨーヨーを始める。 主に1A部門で活躍中。 スポンサーであるブランド”UNPRLD”から自身のシグネチャーモデルである フラッシュバックがリリースされ、国内にとどまらず世界から注目を浴びる。

 

 

 

 

【デザイナー】
▫︎hibari / Jun Mikai

2008年よりグラフィックデザイナーとしての活動を開始。 ​ 数多くのアーティストのCDジャケットや各種広告のアートワークを手掛ける。 企業ロゴやアパレルブランドへのデザイン提供に加え、 ヨーヨーでは「sOMEThING by YoYoAddict」と「FIST SALUD」に所属。 国内外問わず数多くのメーカーへアートワークを提供している。

 

戻る